地域とともに育む協同

イベント・活動情報

麦の荷受け 麦の荷受けがピークを迎える

20160621_event_02

 白山ライスセンターでは麦の荷受けがピークを迎えました。今年度から白山管内も麦の品種を『あやひかり』で統一し、実需要者のニーズに対応していきます。『あやひかり』は昨年度まで取り扱っていた『ニシノカオリ』よりも数日早い収穫となりました。『あやひかり』は低アミロース性で、作られる麺は滑らかで優れた食感となります。