地域とともに育む協同

イベント・活動情報

【JA共済】避難誘導看板を設置しました

避難誘導看板e JA三重中央およびJA共済連三重が、避難誘導看板を各市町の協力を得て設置しました。

 

 これはJAの地域貢献活動の一環として、地域住民の皆様に避難場所を周知するとともに防災意識を高めていただくことで、災害時における速やかな避難支援をすることを目的としています。

 

 避難誘導看板は当組合管内の小学校15箇所と中学校の6箇所に設置しました。避難所の入り口近くの電柱に取り付けられています。写真は一志東小学校前(津市一志町八太)の電柱です。災害時に備えて今一度、避難場所や 避難所の位置を確認しましょう!

 

 

ところで、『避難場所』と『避難所』の違いはご存知ですか?

指定緊急避難場所

津波、洪水等、災害による危険が切迫した状況において、住民等の生命の安全の確保を目的として住民等が緊急に避難する際の避難先として位置付けるものです。

指定避難所

災害の危険性があり避難した住民等が、災害の危険性がなくなるまで必要な期間滞在し、または災害により自宅へ戻れなくなった住民等が一時的に滞在することを目的とした施設です。

避難場所

公園等の広場を指します。

避難所

学校の体育館等の施設です。