地域とともに育む協同

イベント・活動情報

【ベジマルファクトリー】小学生が工場見学に訪れました

6月10日と12日に、一志西小学校の5年生58人が社会科・総合学習の一環としてベジマルファクトリーを訪れました。当日は工場内の窓越しにカット野菜の製造過程を見学しました。実際に大根、きゅうりを使い刺身用のツマやかっぱ巻き等に使用されるキュウリ芯の加工を実演すると驚きの歓声があがっていました。

2019.6.12__一志西小学校 工場見学③
カットの実演に興味津々

また「1日のキャベツの使用量は?」「なぜ名前がベジマルなの?なぜカット野菜なの?」「1日のゴミの量は?ゴミはどこで処分するの?」「どこで売っているの?」など子どもならではの着眼点でたくさんの質問が出ました。

2019.6.12__一志西小学校 工場見学④
熱心にメモをとります

子どもたちは工場に入った時「さむい~」の一声で始まり、帰る頃には「楽しかった~」の声に変わりました。JAと地域の農業、農家とのかかわりと食の安心安全について学んでいただけたことと思います。