地域とともに育む協同

新着情報一覧

【生活センター】害獣対策は早めが肝心です!

◎生活センターからのお知らせ◎

担当者のひとこと

最近、肌寒くなってきましたね。害獣たちも冬に向けて活動しており目撃や被害など お問い合わせを少しずつ受け始めています。ちなみに最近ぼくの自宅も屋根裏でバタバタと音がし、庭では動物に遭遇しました。木に登って降りてこなかったので写真を撮りました。さて、この動物はなんでしょう?

IMG_1259 (1)
①タヌキ ②アライグマ ③ハクビシン

 

 

害獣ってどんなものがいるのか? アライグマ・ハクビシン・タヌキ・イタチ アナグマ・ヌートリア・コウモリ・・・などなど。 

 

全て自然(野生)の動物の為、いろんな病気を持っています。 例えば、狂犬病(噛まれる、糞を触ってしまう)、ダニ、 寄生虫(糞に含まれる)、病原菌(レプトスピラ、日本脳炎、サルモネラ菌)など 重篤化すると死に至る病気を持っています。 また害獣たちは食欲旺盛な雑食が多いです。その為、 畑を荒らし農作物被害がほぼ右肩上がりで年々増加 しています。

 

生活センターではお家の屋根裏などに入り込んだ害獣たちを追出し、再度入られないようにする害獣対策工事を行なっています。また、糞尿害による上記の病気を防ぐ為に、清掃作業や殺菌消毒を同時に行えます。屋根裏で音がする、庭に糞が落ちている、などございましたらすぐお問合せください。

20191017152424

 

お問い合わせ先

生活センター 津市一志町高野160-200

       059-293-3600